観劇日記

だいたいタカラヅカ。ときどきその他。

深夜食堂(2018 シアターサンモール)

あの深夜食堂がミュージカル化だって!?

というのと、

壮一帆さんと愛加あゆさんが共演するって?

というので、見てきました。

元トップコンビの共演って萌えるものがありますね。

 
f:id:bks3:20190117082635j:image

 

深夜食堂はドラマと原作の感じはなんとなく知ってて、いやーあれは歌って踊らないだろーと思ってた。

でも劇場に入るとか、客電が落ちるとか、(今回はなかったけど幕が開くとか)、そういうことでそれが自然に馴染む世界になる。

見る側の慣れもあると思うんだけど、「ミュージカルって突然歌い出すんでしょ?」二対する一つの答えじゃないかなあと思います。

 

ストーリーはいくつかのエピソードがまとめてある感じで、濃くて良かった。きっと本当の深夜食堂(本当のってなんだ)はあんな風に毎日なにかが起こるような場所ではないんだろうけど、ドラマのような運びだとダレると思っていたので。

 

マスター筧(私にとっては躍る大捜査線の新城管理官、あるいはミス・サイゴンのエンジニア)は、私が思っていたマスター像よりもハキハキと喋る人だった。

あと筧さんって思ったより背が大きいのな。マスター業が全然違和感なくて、計算し尽くされた間があるお芝居だなあと思った。

 

お茶漬けシスターズかわいい!特に壮さんと愛加さんがかわいい!

2人が喧嘩してるシーン良かったです。

それから初めて見る役者さんで、小寿々役の田村良太さんが良かった。

ゲイバーのママ役なんだけど、本当に男?女?どっち?ってなった。

「学べルミュージカル」に出てましたね。

若くで亡くなったらしき歌手の話、もっと知りたかったな

 

 

シアターサンモールはかなり小さな劇場で、舞台も狭くて、その分少しの動きで内・外ががわかるような演技なのが好き。

派手な舞台転換もいいけどこういうのも好き。

あと香りの演出があったのがびっくりしたなー…

 

終演後、思わずアンケートフォームに感想送ったけど、あの小さな箱で上演してくれたことに意味があったんだと思う。

「めしや」がでっかいレストランなわけなくて、あの馴染みのお客さんたちを見るには、客席が2階席3階席まであるような場所ではやっぱりアンマッチなんだろう。

たとえば帝国劇場で見たいかっていうとそうじゃないよね、っていう。

 

マリー・アントワネット(2018 帝国劇場)

私もフェルセン伯と浮気したい

 

制作発表に行った記事はこちらに

 

bks3.hatenablog.com

 

 制作発表の質疑のとき、「フランス革命を題材にしたものが流行る理由はなんだと思いますか?」って質問に古川さんが「みんな浮気したいんじゃないですか(要旨)」って答えたんだよね。

そのときはまたまた~って感じでウケてたんだけど、実際に舞台を見たら本当に浮気したくなりました。。。

 

なんせ、フェルセンって浮気相手としてあまりに誠実なんですよね。

びっくりしたのが「遠い稲妻」を歌うシーンで、歌唱披露からは「遠くにいるマリーに届けこの思い」みたいな距離感かと思っていたら、マリーが作り上げた庭園で隣にいるマリーに歌っていた。

「早く気づいて(中略)嵐が来る」の叫びが本当に好きで、「もう。。そんなことよりデートよ」と言いたげな花總マリーの表情だけのお芝居も好きで、最後まで見たあとに戻ってきたらきっと涙なしでは見られない。

 
f:id:bks3:20190117082542j:image

 

田代万里生さん、本当に顔が綺麗で、歌も綺麗で、思い人に死なれるのが似合う(ひどい)

個人的にはオフィシャルサイトに出てるストール巻いたカジュアルな格好より、暗髪にフォーマルな方が好き。ラブ・ネバーダイ、見ます!

 

で、話は前後しましたが、花總マリー。

もう妃としての気品がすごい。表情のお芝居がすごい。さすが伝説の娘役だし、ずっと一線を張り続けてるだけあるんだと思った。

もう本当にすごいとかしか言えないし、もう一度見たいし、できるだけ近くで見たい。

DVDを見ます。これからの作品も見ます。エリザベートで楽しみなのは精神病院のところとルドルフとのすれ違いです。

 

オルレアン公・吉原。モラルなど邪魔だ!と言い切る悪役っぷりが格好いい。衣装もギラついていて、打倒王室のカリスマ性があるんだなと。

それだけに最後マルグリッドに告発されるシーンは、物語のラストにすこーしだけの救いがあるかもしれない。

 

ソニンマルグリッド。とってもパワフルで自我が強そうで荒んでる感じがすごくいい。特にオルレアン公の傘下に入って、マリーアントワネットを嘲る歌を歌いながらおどけて踊る姿が、ものすごくむかつくからすごい。

王室への期待(100万のキャンドル)、オルレアン公への期待、マリーアントワネットと一緒に牢屋に入ることになってからの心のぐらつきが見応えあったなあ

 

一番人間臭いというか、見ていてすこしほっとできるのは、駒田レオナールと彩吹ローズの衣装屋さんかなあ

結局小物というか…自分に正直でちょっと悪いことはしたいけど大それたことには怯えるというか…

 

 

終始、恐怖の描写がすごかった。

最初におちるギロチンのアニメーション、技術屋さん的興味でギロチンにきゃっきゃしてるルイと怖いからどこかにやって!というマリー、ランバル侯爵夫人が民衆に殺されて、見ちゃだめだと言うルイ、祭り上げられるボロボロのドレス。

そして最後のギロチン…

 

それだけに、終曲「どうすれば世界は」が妙に説教臭く、スマートじゃないように思える。生きてるのも死んでるのも舞台に勢揃いさせなくていいし、「我ら」なんて客席を巻き込まないでほしい。客席は、ただ為す術もなく2人のMAを見守っているのだと思っていたのに。

それは、舞台から何も言われずとも、客が勝手に気づいて1人で持って帰るような気持ちなんじゃないのかなあ。

(ただ、制作発表で吉原さんがなぜ世論やマスコミについて語り出したか、この歌があることでより腑に落ちた気がした)


f:id:bks3:20190117082254j:image

 

MESSIAH −異聞・天草四郎−/BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−(2018 花組)

明けましておめでとうございます。

 

もはや何月に見たんやこれ… 記憶が薄れてるわ…


f:id:bks3:20190117082056j:image
 

えーと、チケットは取れなかったものの、初日舞台映像をみて「タカラジェンヌが歌う宗教曲が聴きたい!」と思って当日券で行ってきた。

もはやひれ伏す柚香光さんの背中の美しさが全て。

背中で芝居をするってこういうことなんかな!?って納得できた気がする。

あと瀬戸かずやさんが良かったな~~~~~

 

天草四郎の、「神はお救いにならないじゃないか」→「これが信仰なんだ」の流れがとってもスムーズに腑に落ちる感じで、これをあの短時間で、キリスト教の素養がない客にも多分納得させる脚本すごいって思った。

天草四郎最期の倒れ方。あれ金色の砂漠で見たぞ。

 

 

ビューティフルガーデンは、「これが宝塚だ、これが明日海と仙名の花組だ!」っていう感じだった。

でもほとんど柚香さん見てた。本当に踊ってる時の生き生きとした顔が好きで…

美形が苦悩してる顔も好きなんですけど…

あと「まいれい」というジャンルを知った。

個人的には明日海さん・柚香さん・高翔さんトライアングルが好きです。

高翔さんまじでお手紙書こう。

 

 

花組関連発表、情報過多でしたねー

華優希さん、おめでとうございます!ポーの一族のメリーベルかわいかったし、はいからさんが通るも評判良かったらしいし

(このあと柚香さんの相手役になるのかな…?)(正直、朝夏さん退団前の怜美うららさんみたいに城妃美怜さんが出てくるかと思ってた)(だって報われてほしい)

華さんと同期の音くり寿さん、MY HEROで見てから好きなので今後も活躍してほしいなあ

 

鳳月さん月組に戻るとのこと。振り回しすぎやないか?とは思うものの、わたし花組に来てからの鳳月さんを知らないので、美弥さんと並ぶ姿が見られると思うと楽しみです。

 

そして花男んんん!!!

松潤が出てたやつな?私見てないけどな?

正直ストーリーにあまり興味ないけど、柚香さんを追うと決めたのでチケットとれるようがんばる。チケ難なの知ってる。

でも水美さんも綺城さんもいないんだよなー残念だなー

高翔組長いたらいいなー

 
f:id:bks3:20190117082122j:image

 

エリザベート千秋楽ライブビューイング(2018年 月組)

熱がさめないうちに…
月組エリザベートの千秋楽ライビュでした


f:id:bks3:20181118202214j:image


泣いたポイントは3つ
·精神病院
·組長の挨拶
·最後に珠城さんと袖に出てきた愛希さん


海乃美月さんのヴィンデッシュ嬢、前評判通りとっても良かった
シシィが内心を吐露したあとのスターレイをカメラが抜いてくれたので、さすが!と言いたい


組長、憧花ゆりのさんのゾフィーとてもかっこよかった。フィナーレで珠城さんと踊るシーンは大人の娘役だった。
入りの写真で見る、シンプルな格好で革のリュックを背負っている姿が、可愛い!綺麗!な娘役の次元ではもうないのだという感じで印象的です。
組長っていう存在が好きだなあ。光月るうさんに今後は注目しよう。


愛希れいかさんは可愛くて、デュエットダンスが幸せそうで、サヨナラショーラストの英語曲はかっこよくて最高。
単独センターを張れる娘役として一公演するというのはこういうことなんだと。
珠城さんが優しくて、いいコンビだなあと思った。


宝塚のなかでは観る縁の少なめな月組さんなんだけど、このタイミングでライビュ見られて良かったー
サヨナラショーや挨拶の時間まで含めると4600円はお得かも。表情までカメラで見せてくれるし。
ただ、手拍子や拍手がおきないのは寂しかった。
隣の人と小さく手拍子してて、妙な連帯感を得ました。

ドゥ・ユ・ワナ・ダンス? (2018 PARCO STAGE/舞浜アンフィシアター)

ももクロちゃんの舞台!

親しげに言ってるけどももクロを見るのはTVを含めてすら初めて。

観に行ったのは…

妃海風さんを久しぶりに見たいから

・シルビアグラブさんが出るから

・躍る大捜査線の本広監督だから

・アンフィに行きたいから

ももクロはすごいって聞いてるから!

 

もののふの方達が多すぎて、ただのミュージカルファンはあんまりいないかな…って感じだったけど、もののふの一体感すごかった!ペンライトってどこに売ってるの!

あとアンフィの独特の(元シルクドゥソレイユ用の)ステージを活かした演出、面白かった。本広監督が「アンフィでのみできるような演出」って言ってたのがわかる。

 

 

推しは決められなかったけど、作中のキャラとしては「いいこのあやかちゃん」が好きかな

あとHEAVENのメンバーでこの子好き!と思ったのは大澤えりなさん、と思ったら初期で脱退してずっこけた。

あと二橋南さん!髪型かわいーい

 

 

制服のダンスシーンで誰かが履いてたグレーのスニーカー、GUのやつかな…同じの持ってるな…

あとキャスト・スタッフの名前入りパーカーの画像みたら、原田薫さんの名前がありますね。早霧さんのシークレットスプレンダー出てたな。ダンス指導としての参加かな?

 

アンフィはホテルミラコスタの近くにあって、妃海さんがむふむふするのも分かる。ディズニー行きたくなった。

でも帰りはディズニー帰りに巻き込まれないように、急いで帰りました笑

マイ・フェア・レディ(2018 東宝)

朝夏まなとさん&寺脇康文さんのまぁフェアレディでした!

 

神田さんのキュートさも見たかったけど、女役の朝夏さんが見たかった。

花売娘のイライザは口調や座り方に男役っぽさがあったけど、それよりも朝夏さんのノーブルさが滲み出て…

ていうか顔が綺麗なんだよねえ

あのシーンで薄汚れたメイクしたら早替え間に合わないのかな?

その分レディになったイライザの綺麗さがすごくて、競馬場でべらんめえになるシーンがすっごく良かった。

 

完璧にレディをやり仰せた夜の、イライザを顧みないヒギンズ、表情が変わっていくイライザ、その後の硬い顔のイライザの綺麗さよ。

イライザが出ていった後の「ブラボー!イライザ!」は、2年前の上演時より自然な感じがして好みでした。

 

 

2年前に見たあと、ミーアンドマイガールを履修して気づいたこと。

ミーマイでジョン卿が言語学者に言及するシーンがあるけれど、ミーマイの「私たちは正しい扱いを受けると心が動かされがちになるのです」とマイフェアの「ヒギンズは花売娘として扱うばかりでレディと認めてくれなかった(意訳)」はリンクするのだなと。

作品背景とか調べたら面白そうだ。

 

最後にアンサンブルキャストで可愛かった方♡吉田玲菜さん♡

色んな場面で表情がくるくるして目が惹きつけられる方でした〜

 

 

 

 

 

仙名彩世さん退団の報に寄せて·2

勢いで書いたら退団の報には寄せてたけど仙名さんには全く寄せてなかった

 

初めて観たのはポーの一族なんだけど、エドガーとシーラが出会う場面の歌で引き込まれて、デュエットダンスでドレス捌きすごい!と思った。

北翔海莉さんが言ってた、燕尾の先の動きまで意識して踊るってこういうことかというのが初めて腑に落ちた。

瀬戸かずやさんとの夫婦の場面と、鳳月杏さんに取り入る場面の色気の差がすごかったなあ。

 

個人的に仙名さんと言えば、なのが、2014年エリザベートのヴィンディッシュ嬢。

DVDを買って何度も見た中で一番好きなシーンが精神病院なんだけど、シシィの悲しみや冷静さが際立つのはヴィンディッシュ嬢がうまいからかなと。

ただ実はヴィンディッシュ嬢の凄さに最近まで気づいてなくて、空気のように相手を引き立てる娘役という凄みがやっと分かったのでした。

 

なので、仙名さん単独センターのサヨナラショーができるのが素晴らしいというのはよくわかる。

そしてミュージカル界に行ってくれると信じてる。

レディベスとかどうかな。