観劇日記

だいたいタカラヅカ。ときどきその他。

1789~バスティーユの恋人たち~ (2018 帝国劇場)

完全にさぼっておりましたが、


f:id:bks3:20180603172652j:image

 

龍真咲さんと夢咲ねねさんと上原理生さんと小池徹平を観てきたぞー!

(小池徹平だけ呼び捨て)(WaTのイメージが未だに強い)

 

ストーリーもキャストも見所が多すぎて忙しかったけども、前の席の頭で舞台の真ん中が全く見えない...帝劇一階席あるあるにやられた

ロビーとか改修するそうだけど、それよりもうちょっと客席に傾斜つけてくれないかな?

建て替えるにはもったいない建物だけど!

 

 

冒頭から、覚えてることだけ

・ダントン(上原理生)の妹ねーふーんと思っていたら、歌を聴いて、あっこれただの妹じゃない、主要キャラだって気づいた。ソニンさんでした納得。

・上原理生さんの眉毛濃すぎイケメンオーラ出過ぎであんまり得意じゃないと思いつつ好きなんだけど、やっぱり安定感すごい。もし他のキャスト知らない人ばっかりでも、上原がいるなら安心感あると思えそうなほど。

・龍さん昔からドレス着てますが何か、という馴染み具合。なんだか木村カエラ思い出した。

・ねねンプと小池ロナンかわいい

・マリーアントワネットがオランプをいびらなくて安心した

・舞台奥の吊られてる壁って乗れるんですね

・ロナンのバスティーユ無血開城は泣きそう

・そのあとあっさり殺されるロナン、小池先生の無慈悲さ

・シャルロットかわいー

・アルトワ伯かっこよい

・則松さんの何だか目をひく感じ!

・公式インスタが豪華

 

 則松さん、早くから抜擢されて(その頃のことはよく知らないが)よく思わない人がいたことは、文脈が悪すぎたんだろうなあと思う。

結果として退団して本名に変えて、「元宝塚」色を出さずに活躍しているということは、どこにいてもやっぱり優秀な方なんだろうな。

 

それは置いといて。

観ながら、いまこんなに政治に対して行動を起こすことがあるだろうか?と思ったけど、数日後にwikipedia学生運動の記事を読んでいて、うーん内ゲバになっちゃうんだもんなーと思ったりした。

ロナンとダントンも仲間割れしかけていたけど、最終的にひとつの目的に向かってまとまれたのは彼らの人柄(あるいはご都合主義)であって、根本は解決しないんだろうなあ

 

 

 

 

 

 

早霧せいなさんInterludeお渡し会 (2018 八重洲ブックセンター)

GW初日は!早霧さんの!写真集お渡し会でした!!!!!!!!!!!

 

 

 

緊張するとなにもしゃべれなくなった…

何か言いたいなら練習すればよかった…

というかお渡し会がどんなものか全く想定できてなかった…

今回の経験は次回に活かしたいと思います

 

もはや早霧さんがどんな格好してたかなんにも覚えてねえ。水色なイメージ。

あと頬骨が綺麗だった。ツヤ肌だった。

2人して「ありがとうございます」しか言ってないし、2回頭下げて帰ってきちゃった。あーあ。

 

www.instagram.com

 

水色でしたね!正解!

 

なんだかとってもフラットな表情をしてらして、普段私が観られるのは役柄としての顔だったり、インタビューに答える「早霧せいな」だったり、インスタに本人が選んでアップする「早霧せいな」だったりするけど、それはひとつの作り上げたアイドル(偶像)であって、でも目の前にいるのは生の人間なんだ、1人の職業人なんだ、ということを一瞬で考えていたら、何も言えなくなりました(馬鹿)

 

この数秒でこんなに緊張してちゃんと見られないなら、私は客席からじっくり3時間眺めてるほうがいいかもしれないな…などと思った。

シークレットスプレンダーのDVD早く買わないと…

そして写真集見よう


f:id:bks3:20180506131810j:image

カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-/BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る- (2018 月組)

公式からコピペしてきたんだけどタイトル長いっすね

 
f:id:bks3:20180506131708j:image

 

始めて見る月組さんだった!

珠城さんには若手の抜擢とか優し気な丸顔のイメージを持ってたんだけど、声が大人っぽくて意表をつかれた。

ビジュアル系美弥のビジュアルが、数年前は苦手だったのに今はかっこよくてしょうがない。

それと愛希さんの安定感!

コンビニバイトの女の子が銀橋渡ることなんてほとんどないと思うんだけど、そのギャップを埋めるトップさんやなあというオーラだった。

 

 

宝塚で現代日本ものやるなんて珍しいよなーと思っていたけど、本当に稀なことっぽいね。

でもサラリーマンの転勤、そしてバレエ団という題材でストーリーとしても面白かったし、タカラジェンヌもカンパニーとしてそういう風に考えたりするのかなあという点でも面白かった。

「新解釈 白鳥の湖」はそれはそれで一本として観たかったなあ…。高野さん(美弥さん)見たかった。

バーバリアンのメンバーがリフトしたときに指が肋骨に食い込んで…というシーンは、本当に舞台中に事故ったかと思うぐらい、早乙女さんの演技がすごかった。一瞬崩れたところも、建て直して本番だから死ぬ気で頑張ってますというところも。

(早乙女さん退団公演か…)

 

ところで有明製薬の高野さんが出てる「パワー・ウィング」のポスター、ダサすぎませんかね?

ロビーで最初に見たとき、宝塚歌劇団がこんなにダサい印刷物を!?ってなった。

作品中の飲み物を実際に出すのは大好きなんだけど。

 

 

BADDYは上田久美子先生作品ということでとっても楽しみだった。

もう設定からぶっ飛んでて最高だし、グッディかわいいし、バッディ登場の宇宙服みたなのもかわいいし、それぞれのキャラの衣装も素敵。

宇宙人が終始宇宙人なのはネタバレで知ってたんだけど、ラストの浮きようが半端なかった…

「悪いことがしたい いい子でいたい」の曲が離れない!美弥さんかっこいい!髪伸ばしてパーマかけてチャラ男になろうかと思った(似合わない)

頭から終わりまで、「ショーの定型にははまらないぞ」と上田先生が主張し続けてるかのような作品でした。ていうか普通に一幕分の芝居じゃない?

 

 

次の月組エリザベートは絶対に観たい公演の1つ。

愛希さん退団だからチケ難なのはわかってるけど…愛希さんシシィ絶対に観たい…

トート、フランツについては、美弥さんトートぴったりじゃない?珠城さんフランツぴったりじゃない?って思ったし、同意してくれる人は他にもいると思うんだけど、まあそこが逆転するはずもなく。

あるいはぴったりなままに配役しても面白くないのかもしれないね。

発表された画像を拝見したけど、あまり怖い感じのしないトートで、髪色が素敵!本番が楽しみです。

(このエリザ画像といい、ポーの写真といい、Chagoonさんの写真好きかもしれない)

 

ロザンのトーク(2018 ルミネtheよしもと)

ロザンについてはこのブログが詳しく、愛に溢れすぎているのでぜひ読んでほしい

 
人生に行き詰まったアラサーがロザンというお笑い芸人に出会って救われた話 - 桐ノ院整体院

 

長いけど、ロザンのコンビ愛と筆者のロザン愛が伝わりすぎてニヤニヤできる

あと文章がうまいんだと思う

 

実はTwitterで話題になったこのブログを読むまであまりロザンのことを意識していなかった

当たり前にいるコンビで、宇治原はクイズ出てて、あれっ最近見てへんかもな?(関東に来たせいや)

 

でも件のブログを読んで、そうそうそう!菅ちゃんってめっちゃかわいいんやで!と思い出した

東の人間は知らんかもしれんけどな!ロザンは宇治原だけちゃうんやで!菅ちゃんがおってな!かわいいんやで!!

なお「高学歴コンビ」には疑問を持っている。大阪府立大中退ってな、菅ちゃんそれ高卒やで。

 

それで、なんとなくTwitterを見ていたら、「ロザンのトーク」の告知を見た。

新宿行けるやん。チケットまだ余っとるやん。2500円、安っ!?

まさかロザンを生で観られることになろうとは。しかも会場のキャパが小さく、後ろの方の列だったけどそれでも近い

(値段といい会場といい、宝塚に慣らされすぎている)

 

ほんで、地元の友人が乗ってくれたので行ってきた。

菅ちゃんかわいい!と思ってたけど、それ以上に宇治原に共感して、好きの比率が宇治原にぐーんと傾いた2時間だった。(でも喫煙者と知ってちょびっとだけ下がった)

人前で泣けへん話とか。子ども苦手な話とか。

 

トークライブってええなー

こういう話しよとか、この話題から始めてこう繋げていことか、多分たくさん打ち合わせされてるんやろけど、なんやスムーズに引き込まれてあれやこれやと話してくれて、全部笑かしてくれるという技術力、に気づかない自然さ

そして要所要所にコンビ愛を感じる。菅ちゃんの「宇治原さんにこの話したかってん」と宇治原の「組んでてよかった…」「俺には菅がおるねん」とか。

いやー面白かった。テレビにつっこむように、ウケながら普通にしゃべりそうになってあぶなかった。

 

あと件のブログで知ったんやけど、芸人のDVDってレンタルしとんねんな。最高やない?(ミュージカルDVDのレンタルのなさよ)

次のトークライブまでとりあえずTSUTAYAに通います。次もゆくぞ。

 

ポーの一族 2回目(2018 花組)

当日券ゲットで2回目。

以外と細部を忘れていて、ポーの一族って以外と昔は多かったんだなーとか思い返しつつ観られた。

見返すとやはりエドガーの気持ちが濃く見えてくるというか...まあオペラグラスはほぼ柚香さんを追ってたんですけど

 

柚香さん回のカフェブレイクで、セリフと振りを1部変えたと言っていたけど、そこがわからなくて残念。

銀橋からメリーベル!って駆け寄るシーンではこけてなかったので、1回目観たときにこけたのはアクシデントだったのかな

全然不自然に見えないのがすごい。

 

 

あとはもう仙名さんの歌に限界がない...華優希さんかわいい...音くり寿さんもかわいい...ギムナジウムの流行歌ヴァンパネラ楽しそう...という眼福の連続

あとやっぱり花男群舞!

 

いやー...終わっちゃったんだなあ

いつもはDVDしか買わないけどブルーレイ買います

スターアングルを見たい!

 


f:id:bks3:20180401202546j:image

 

そして、原作を読んだ。

あの台詞、あの歌詞、ほんとうに原作通りで、顔もそっくりで、びっくりした。

特にマーゴットの再現度!

マーゴットのレイチェル・トワイライトに対する「40のおばちゃんが化粧なんかして(うろ覚え)」はカットされていて笑ってしまった。

「先生が来る日はお化粧して待ってるんだって」みたいな台詞はあった気がするけど(ジェインも言ってたかな)

 

 

ポー、再演はあるんだろうか。

一度きりにするにはあまりにもったい、でも初演を越えられるのか、という気持ち。

ベルバラのアンドレ編、オスカル編、みたいに使ってないエピソードも観たい。リデル人形とか!

キュリオス(2018 シルク・ドゥ・ソレイユ )

奇しくもカナダ公演で死者が出た日にお台場で、初めてのシルク・ドゥ・ソレイユ

確かに失敗したら死ぬだろうなというか、下手したら観客も巻き込みかねない大技ばかりで、そのうち何がすごい技かわからなくなるほどだった!

そういう技を練習する力、もうなんか、体力というより精神力がすごいんだと思う

 

 

よく考えると片手でひもにぶらさがってるだけのことも普通の人にはできないんだよな...とか

基本的には言葉がないので、外国で見るのも面白そうだと思った。

ブロードウェイで本場のミュージカルとか憧れるけど、知ってる演目じゃないとついていけなさそうさから、そういうハードルがないのはすごい。

 

一度は見てみたかったので満足!

パンフレットも読みごたえあって印刷も綺麗だった



f:id:bks3:20180401201242j:image

 

マタ・ハリ(2018 東京国際フォーラム)

 ラドゥー:加藤和樹 / アルマン:東啓介 / ピエール:百名ヒロキ

の回。

 

ストーリーも、役者ももちろんだけど、演出ってすごい、と思った舞台だった。

物語がいまフランスなのかドイツなのか、建物の中か外かというのを、無粋なことは言わず、さりげなく表せるのってすごい。

そういう映画とは違うところも好きだなあ

 

 

ピエールが弱気になるシーンでは、人間こうやって洗脳されるのか...というのが見事すぎて、前向きなパワーを持ったかっこよさと、その実態は戦争なんだぞ、死ににいくんだぞ、という乖離がすごい。

 

 

柚希さんのダンスは体が綺麗すぎて、いやーポーズすごいー筋肉どうなってんのーってなりました。すっかり女なのね…(って何回も言ってる)

でも朝日を見るシーンで髪おろしてるときにちょっと真矢みきさんっぽさを感じて、男役顔の共通点なのかしらと思ったり。

 そしてマタ・ハリを支えるアンナのやさしさよ…

誰かと思ったら和音美桜さんでしたね。帝劇レディ・ベスのアン・ブーリン以来。(モーツァルト!でも観たかったんだけど、チケットとれず…)

 

 

 

帰り際、ラドゥー派かアルマン派か?という会話が聞こえてきたんだけど、私はラドゥー派です(小声)

 
f:id:bks3:20180310190422j:image