観劇日記

だいたいタカラヅカ。ときどきその他。

ラブ·ネバー·ダイ(2019 日生劇場) その2ーキャラクターと俳優さん編

その1はこちら

 

bks3.hatenablog.com

 

またしてもネタバレすると思います。


f:id:bks3:20190203100006j:image

2.キャラクターと俳優さん編

今回の公演、実は一番見たかったのは主役2人よりも咲妃みゆさんと田代万里生さん。
咲妃さんは宝塚退団後はじめて。田代さんは先日のマリーアントワネットで一気にハマり。

そして、できたら石丸幹二さん見たいなーという感じ。クリスティーヌとマダム・ジリーは見たさに優劣つけられなかったので、もうどちらのキャストでもおっけー!と。

なので、気持ちメグとラウルに肩入れしつつ見てたんだけど、開演前にパンフレットを読んでいたのでそれぞれのコメントをふまえつつ楽しめました。先入観とも言うけど。

私は全面的に田代万里生さんの味方なので、酒浸りラウル大好き。
イケメンがやさぐれて酒呷ってるの良くない…フィクションに限りますけれども…


馬のない馬車に乗ったとき、グスタフの頬をぷにってするのがいいね。あと楽屋でクリスティーヌに歌わないでって言うときに跪くのもいい。


(馬のない(ように見える)馬車ってハリポタにも出てきたけど、西洋では頻出なんです?)


パンフレットによると、ラウルを観客に嫌われる役にしないでほしいと言われたそうだけど、それはもう分かる。ラウルがクリスティーヌを愛してたのは分かる。

お金のためにクリスティーヌがファントムのもとで歌う羽目になったのがラウルの借金っていうのがきついな。でも借金なくてもファントムは他の手段でクリスティーヌ呼んでたと思うから落ち込まないでほしい。

そしてメグ。Wキャストのポスターで、2人の表情が全然違って印象的だった。
咲妃さんのメグを見たせいか、ポスターの表情でもしっくりくるのは咲妃さんの挑戦的な顔かなあ。夢咲さんのは優しそう。
見終わって思ったのは、オペラ座を離れたけれども、私はコニーアイランドで立派にセンターを務めてる、ファントムに曲を書いてもらえるようになったし、観客も魅了できてる、という表情なのかなと。でも内心では、クリスティーヌに敵わないとか、ファントムは自分の方を見ていないとか、気づいていうからこその虚勢なんじゃないか。
「水着の美女」のあとの、「ママ、上出来ね」で「最初はやりすぎかと思ったけど」という歌詞が出てきたけど、おそらく観客の前で水着をどんどん脱いでいく演出のこと?
きわどい路線で客の喝采を集めるのは、本当にメグが戦いたかった土俵じゃないんじゃないか。だから早朝の海で泳いだりするんじゃないか。

そういう闇のつまった、コーヒースタンドでのメグとラウルの場面は最高だったなあ

(咲妃さんと夢咲さんはどちらも元トップ娘役だけど、これ宝塚でギリギリトップになれなかったような人にやらせたらオタクの心にグサグサ刺さりそうじゃないですか…?さすがにいやらしいか…?)


クリスティーヌはやっぱりアリアのシーンの神々しさがすごかった!
それとファントムと話しているときの、「心ここにあらず」感。なんだかやっぱり「魅入られてしまった」ということなんだろうなあと思った。

石丸幹二さんはファントムという役柄上仕方ないけど、ダンディなお顔の出番がほぼなくて残念だったなー
どうも市村ファントムとは違う部分が多いみたいだけど、石丸ファントムの方がきっちり歌うという評判を目にしたのでこちらで良かったなと思った。
ファントムが本当に年齢不詳だし、もう半分ぐらい幻というか、人ならぬ者なんじゃないかと思ってたんだけど、グスタフの父親と知ってあなたも人間だったんですね…となった。最強に人間くさいエピソードだ。

グスタフ!グスタフとしてファントムと渡り合ってたのも強かったし、子役にして石丸さんと対等に渡り合ってるってものすごいんじゃないか…と思った大前グスタフだった。
出番多いし台詞多いしソロも重要だしで、いやもうポスター載せよう?
個人的にはパンフレットの「10年後は?」で具体的な役名あげてたのも好みです。


アンサンブルの中に、マイフェアレディで可愛い!と思った吉田玲菜さんがいるんだけど、メイクが濃すぎて見つけられなかった…
曲芸師だったり、ショーガールだったりがひとつひとつ可愛くて豪華で、特にコニーアイランドの奇妙なキャラクター達がとっても良かった。


どのキャストさんも言ってたけど、アンドリュー・ロイド=ウェーバーによる続編だけあって、『オペラ座』のメロディーが随所に出てくるのが良かった。
アンケートにも書いたんだけどCD出してください。ホリプロさんよろしくお願いします。

ラブ·ネバー·ダイ(2019 日生劇場) その1ーストーリー編



とってもやりきれないヤツです

 

f:id:bks3:20190202180216j:image

言いたいことはいっぱいある!ので分けます。ネタバレあります!

 

1.ストーリーについて

そもそも私、最初に映画で見たときは、ラウル一択でしょ、と思っていた。ファントム強引すぎだし。あんまり幸せにしてくれそうにないし。


でも劇団四季で見たときに、クリスティーヌの迷う気持ちを垣間見た。

歌を極める選択肢が目の前にあるのに、捨てることができるのか…?


そう考えると、『オペラ座』のラスト、ファントムからある程度教わったところでラウルを選び、ゴタゴタついでにファントムから離れるというのはずるいようにも見える。

だから続編でクリスティーヌVSファントム再び、しかもどちらも順風満帆ではないっていうのは、なるほどなーっと思った。
メグ・ジリーに稽古をつけてやってくれよと思うんだけど、多分「うまい人」はいっぱいいて、一握りの天才との間には越えられない壁がある、というものなのでしょう。芸能は。知らんけど。

 

だからメグ・ジリーというキャラの果たす部分がすごい。コニーアイランドではセンターになれても、ファントムにとっては片手間でしかないとか。パンフレットに夢咲ねねさんが書いていてはっとしたんだけど、母がバレエ教師なメグは、スターダムを駆け上がるクリスティーヌをどう見ていたんだろう…と。
でも『オペラ座』のときメグがクリスティーヌに優しかったように、「良い子」の部分が強いんだろうな。それは「クリスティーヌがニューヨークでコンサートをする」って分かったときに、「私たちまた友だちになれる」に出ている気がする。
マダム・ジリーが「あの子さえいなければ」って言ったのにはびっくりしたけど。


そういえばラブネバの中でいちばんびっくりしたのは、グスタフがクリスティーヌとファントムの間の子だということ。
えっ『オペラ座』で肉体関係ありそうな描写あったっけ???
ラウルは薄々気づいてたのかなあ…だからギャンブルと酒におぼれたりしたのかなあ…
グスタフ、小さいながらファントムと対等にわたりあっててすごかったし、サラブレッドだけあってファントムが惚れ込む才能を持ってそうだったし、ラストではファントムの仮面をそっと取ってたし、ポテンシャルが深すぎる。。
この後誰が育てるの?ファントム、あんまり子育て向いてなさそうだけど…ラウルとファントムが協力するとも思えず…

 

ラウルとファントムの戦いが公正な感じだったのが印象的だった。多分やろうと思えばラウルがファントムを撃ったり刺したりすることもできたんじゃないかと思うんだけど。
ラストも、倒れたクリスティーヌを抱きかかえるだけで、ファントムもメグも責めてはいないというか…
結局ラウルは自分を責めていたのかなあと。でもラウル、やれることはやったよね?そりゃまあ借金つくったり、キレてグスタフ怒鳴ったりしたのはよくなかったけど。
「音楽」に魅入られてしまったら人間ひとりじゃ太刀打ちできないんだよきっと。

美弥るりかさん退団、それと人事に対する私見

美弥さん退団かー…

 

natalie.mu

 

紅さんで宝塚にハマる→紅5を知る→1人他組だからパネル出演らしい→美弥るりかって名前ぜったい娘役でしょ→男役かーい

となったのが懐かしい。

なかなか月組さんを見る機会がなかったんだけど、『カンパニー』の気むずかしいバレエダンサー役と、『BADDY』のロン毛くるくるピンクスーツにやられた。

その後、優しげな皇帝フランツも良かった。トートとフランツ逆では?とか思っててごめん。

 

そのまま月でトップになるんじゃないかと思いつつ、でも珠城さんが辞めるタイミングでもないような、と思っていたのだけど、このタイミングで退団することに決められたんですね。

サヨナラショーがあるそうで、(どっちかというとファンのために)良かったなって思います。

 

Twitterでは劇団なに考えてんの!みたいな意見もちょいちょい目にしたんだけど…

わたし基本的には「公式が絶対」派なので(でも二次創作も好き…話違うけど)、宝塚に関しても、劇団が正義だと思っている、思いたい。

(でも何度でも言うけど、タカスペの「Say! Hey! Show Up!!」はなんやねん)

 

なので異動や抜擢についても、きっと劇団は様々な事情を加味して最適なことをしてくれてるんだと、そう思いたい。

退団については本人の意志が第一だと思うし。

なんだそりゃな人事があっても、私には見えてない事情があるんだろうなーと、新参ファンなので特にそう思います。

結局、会社だし。理事会?とかが一番大局を見てくれてると思うんです。

 

好きなジェンヌさん、特に大事にされてほしいジェンヌさんは何人かいるけど、私の根本的な願いとしては、宝塚歌劇というものが存続・繁栄してほしい。

SMAP解散・嵐活動休止で、そういうこと起こるんだ!?ってめちゃめちゃびっくりしたけど、同時に宝塚はとりあえず組織として続きそうだから良かった、って思った。

でも企業の一事業だから、赤字やんってなれば事業撤退もあり得ると思う。

なので私はジェンヌさん個人より、公式に課金する派。

 

なので!劇団におかれましては!売り上げとか文化とかもろもろうまくまとめて、いい感じにしてくださいますよう、よろしくお願いします!

深夜食堂(2018 シアターサンモール)

あの深夜食堂がミュージカル化だって!?

というのと、

壮一帆さんと愛加あゆさんが共演するって?

というので、見てきました。

元トップコンビの共演って萌えるものがありますね。

 
f:id:bks3:20190117082635j:image

 

深夜食堂はドラマと原作の感じはなんとなく知ってて、いやーあれは歌って踊らないだろーと思ってた。

でも劇場に入るとか、客電が落ちるとか、(今回はなかったけど幕が開くとか)、そういうことでそれが自然に馴染む世界になる。

見る側の慣れもあると思うんだけど、「ミュージカルって突然歌い出すんでしょ?」二対する一つの答えじゃないかなあと思います。

 

ストーリーはいくつかのエピソードがまとめてある感じで、濃くて良かった。きっと本当の深夜食堂(本当のってなんだ)はあんな風に毎日なにかが起こるような場所ではないんだろうけど、ドラマのような運びだとダレると思っていたので。

 

マスター筧(私にとっては躍る大捜査線の新城管理官、あるいはミス・サイゴンのエンジニア)は、私が思っていたマスター像よりもハキハキと喋る人だった。

あと筧さんって思ったより背が大きいのな。マスター業が全然違和感なくて、計算し尽くされた間があるお芝居だなあと思った。

 

お茶漬けシスターズかわいい!特に壮さんと愛加さんがかわいい!

2人が喧嘩してるシーン良かったです。

それから初めて見る役者さんで、小寿々役の田村良太さんが良かった。

ゲイバーのママ役なんだけど、本当に男?女?どっち?ってなった。

「学べルミュージカル」に出てましたね。

若くで亡くなったらしき歌手の話、もっと知りたかったな

 

 

シアターサンモールはかなり小さな劇場で、舞台も狭くて、その分少しの動きで内・外ががわかるような演技なのが好き。

派手な舞台転換もいいけどこういうのも好き。

あと香りの演出があったのがびっくりしたなー…

 

終演後、思わずアンケートフォームに感想送ったけど、あの小さな箱で上演してくれたことに意味があったんだと思う。

「めしや」がでっかいレストランなわけなくて、あの馴染みのお客さんたちを見るには、客席が2階席3階席まであるような場所ではやっぱりアンマッチなんだろう。

たとえば帝国劇場で見たいかっていうとそうじゃないよね、っていう。

 

マリー・アントワネット(2018 帝国劇場)

私もフェルセン伯と浮気したい

 

制作発表に行った記事はこちらに

 

bks3.hatenablog.com

 

 制作発表の質疑のとき、「フランス革命を題材にしたものが流行る理由はなんだと思いますか?」って質問に古川さんが「みんな浮気したいんじゃないですか(要旨)」って答えたんだよね。

そのときはまたまた~って感じでウケてたんだけど、実際に舞台を見たら本当に浮気したくなりました。。。

 

なんせ、フェルセンって浮気相手としてあまりに誠実なんですよね。

びっくりしたのが「遠い稲妻」を歌うシーンで、歌唱披露からは「遠くにいるマリーに届けこの思い」みたいな距離感かと思っていたら、マリーが作り上げた庭園で隣にいるマリーに歌っていた。

「早く気づいて(中略)嵐が来る」の叫びが本当に好きで、「もう。。そんなことよりデートよ」と言いたげな花總マリーの表情だけのお芝居も好きで、最後まで見たあとに戻ってきたらきっと涙なしでは見られない。

 
f:id:bks3:20190117082542j:image

 

田代万里生さん、本当に顔が綺麗で、歌も綺麗で、思い人に死なれるのが似合う(ひどい)

個人的にはオフィシャルサイトに出てるストール巻いたカジュアルな格好より、暗髪にフォーマルな方が好き。ラブ・ネバーダイ、見ます!

 

で、話は前後しましたが、花總マリー。

もう妃としての気品がすごい。表情のお芝居がすごい。さすが伝説の娘役だし、ずっと一線を張り続けてるだけあるんだと思った。

もう本当にすごいとかしか言えないし、もう一度見たいし、できるだけ近くで見たい。

DVDを見ます。これからの作品も見ます。エリザベートで楽しみなのは精神病院のところとルドルフとのすれ違いです。

 

オルレアン公・吉原。モラルなど邪魔だ!と言い切る悪役っぷりが格好いい。衣装もギラついていて、打倒王室のカリスマ性があるんだなと。

それだけに最後マルグリッドに告発されるシーンは、物語のラストにすこーしだけの救いがあるかもしれない。

 

ソニンマルグリッド。とってもパワフルで自我が強そうで荒んでる感じがすごくいい。特にオルレアン公の傘下に入って、マリーアントワネットを嘲る歌を歌いながらおどけて踊る姿が、ものすごくむかつくからすごい。

王室への期待(100万のキャンドル)、オルレアン公への期待、マリーアントワネットと一緒に牢屋に入ることになってからの心のぐらつきが見応えあったなあ

 

一番人間臭いというか、見ていてすこしほっとできるのは、駒田レオナールと彩吹ローズの衣装屋さんかなあ

結局小物というか…自分に正直でちょっと悪いことはしたいけど大それたことには怯えるというか…

 

 

終始、恐怖の描写がすごかった。

最初におちるギロチンのアニメーション、技術屋さん的興味でギロチンにきゃっきゃしてるルイと怖いからどこかにやって!というマリー、ランバル侯爵夫人が民衆に殺されて、見ちゃだめだと言うルイ、祭り上げられるボロボロのドレス。

そして最後のギロチン…

 

それだけに、終曲「どうすれば世界は」が妙に説教臭く、スマートじゃないように思える。生きてるのも死んでるのも舞台に勢揃いさせなくていいし、「我ら」なんて客席を巻き込まないでほしい。客席は、ただ為す術もなく2人のMAを見守っているのだと思っていたのに。

それは、舞台から何も言われずとも、客が勝手に気づいて1人で持って帰るような気持ちなんじゃないのかなあ。

(ただ、制作発表で吉原さんがなぜ世論やマスコミについて語り出したか、この歌があることでより腑に落ちた気がした)


f:id:bks3:20190117082254j:image

 

MESSIAH −異聞・天草四郎−/BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−(2018 花組)

明けましておめでとうございます。

 

もはや何月に見たんやこれ… 記憶が薄れてるわ…


f:id:bks3:20190117082056j:image
 

えーと、チケットは取れなかったものの、初日舞台映像をみて「タカラジェンヌが歌う宗教曲が聴きたい!」と思って当日券で行ってきた。

もはやひれ伏す柚香光さんの背中の美しさが全て。

背中で芝居をするってこういうことなんかな!?って納得できた気がする。

あと瀬戸かずやさんが良かったな~~~~~

 

天草四郎の、「神はお救いにならないじゃないか」→「これが信仰なんだ」の流れがとってもスムーズに腑に落ちる感じで、これをあの短時間で、キリスト教の素養がない客にも多分納得させる脚本すごいって思った。

天草四郎最期の倒れ方。あれ金色の砂漠で見たぞ。

 

 

ビューティフルガーデンは、「これが宝塚だ、これが明日海と仙名の花組だ!」っていう感じだった。

でもほとんど柚香さん見てた。本当に踊ってる時の生き生きとした顔が好きで…

美形が苦悩してる顔も好きなんですけど…

あと「まいれい」というジャンルを知った。

個人的には明日海さん・柚香さん・高翔さんトライアングルが好きです。

高翔さんまじでお手紙書こう。

 

 

花組関連発表、情報過多でしたねー

華優希さん、おめでとうございます!ポーの一族のメリーベルかわいかったし、はいからさんが通るも評判良かったらしいし

(このあと柚香さんの相手役になるのかな…?)(正直、朝夏さん退団前の怜美うららさんみたいに城妃美怜さんが出てくるかと思ってた)(だって報われてほしい)

華さんと同期の音くり寿さん、MY HEROで見てから好きなので今後も活躍してほしいなあ

 

鳳月さん月組に戻るとのこと。振り回しすぎやないか?とは思うものの、わたし花組に来てからの鳳月さんを知らないので、美弥さんと並ぶ姿が見られると思うと楽しみです。

 

そして花男んんん!!!

松潤が出てたやつな?私見てないけどな?

正直ストーリーにあまり興味ないけど、柚香さんを追うと決めたのでチケットとれるようがんばる。チケ難なの知ってる。

でも水美さんも綺城さんもいないんだよなー残念だなー

高翔組長いたらいいなー

 
f:id:bks3:20190117082122j:image

 

エリザベート千秋楽ライブビューイング(2018年 月組)

熱がさめないうちに…
月組エリザベートの千秋楽ライビュでした


f:id:bks3:20181118202214j:image


泣いたポイントは3つ
·精神病院
·組長の挨拶
·最後に珠城さんと袖に出てきた愛希さん


海乃美月さんのヴィンデッシュ嬢、前評判通りとっても良かった
シシィが内心を吐露したあとのスターレイをカメラが抜いてくれたので、さすが!と言いたい


組長、憧花ゆりのさんのゾフィーとてもかっこよかった。フィナーレで珠城さんと踊るシーンは大人の娘役だった。
入りの写真で見る、シンプルな格好で革のリュックを背負っている姿が、可愛い!綺麗!な娘役の次元ではもうないのだという感じで印象的です。
組長っていう存在が好きだなあ。光月るうさんに今後は注目しよう。


愛希れいかさんは可愛くて、デュエットダンスが幸せそうで、サヨナラショーラストの英語曲はかっこよくて最高。
単独センターを張れる娘役として一公演するというのはこういうことなんだと。
珠城さんが優しくて、いいコンビだなあと思った。


宝塚のなかでは観る縁の少なめな月組さんなんだけど、このタイミングでライビュ見られて良かったー
サヨナラショーや挨拶の時間まで含めると4600円はお得かも。表情までカメラで見せてくれるし。
ただ、手拍子や拍手がおきないのは寂しかった。
隣の人と小さく手拍子してて、妙な連帯感を得ました。