読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

観劇日記

だいたいタカラヅカ。ときどきその他。

『ガイズ&ドールズ』がピンとこなかったわけ

最近観劇してないので、「思い出し書き」をします。

そのためにブログはじめたようなもんなので。

 

それで、『ガイズ&ドールズ』です。

私が観たのは2015年星組のDVDで、北翔さん妃海さんの大劇場お披露目ですね。

kageki.hankyu.co.jp

 

なんといっても礼真琴さんのアデレイドがかわいい。『こうもり』を観たあとの『ガイズ~』だったので、あのアルフレードがこのアデレイド…?ってなりました。

それから救世軍のサラ(妃海さん)もかわいい。

アデレイドとサラの「結婚しよう~」の場面めっちゃいいですね。

 

男性陣が嫌いなわけじゃないんです。

紅さん小物っぽい(笑)けど、かっこいいし。北翔マスターソン貫禄あるし。

でもなにかピンとこない…と思っていたんですが、やっと理由がわかりました。

 

「クラップゲームってそんなに一生懸命になるか?」

ギャンブル狂の男たちがいないとサラたち救世軍の出番ないし、14年待たされるアデレイドもいないわけでこの物語は成り立たないんですが、なんでそんなに(彼女をほっとくほど!)クラップゲームに血道をあげるのかがよくわからないですね…

 

私がパチンコとか競馬とかのギャンブルやったことがないからかもしれない。

でもなんか、例えばポーカーとかには戦略があるらしいですが、クラップゲームってさいころ投げてるだけじゃない?

運まかせだからこそ「運命よ今夜は女らしく」って歌になる(ダンスかっこいい)と思うんですが、「大きな賭けを運任せにするなよ」という気持ちが上回ってしまい…

1場面、1場面は楽しいのに全体を通すとピンとこなかったなぁと思った作品でした、まる。

時代の違いとか、娯楽の種類の違いとかなのかなあ

 

それにしても北翔さんと妃海さん、大劇場お披露目と思えない堂々っぷりですごい。